覚えておきたい初心者の為替用語②

覚えておきたい初心者のための為替用語その2です。
正直、自分のためのメモのようなものなので間違っていたらすみません。後、自分に分かりやすいように説明していますので分かりづらいかもしれません。前回はビットとアスクの説明で変なことになっておりましたが、今回も説明が混乱しそうですので先に謝っておきます。また、説明用語が重複してしまっているかもしれません。

◎ロングとは
買いポジションのことです。買ってから売る時の買った状態の事です。ドルロングというとドルを買って決済せず(売らず)に保有している状態です。

◎ショートとは
売りポジションのことです。売ってから買う時の売った状態のことです。ドルショートというとドルを売って決済せず(買わず)に保有している状態です。

◎スクエアとは
ロングとショートの真ん中、中立の状態です。つまりポジションがない状態です。

◎ロールオーバーとは
立会時間内(同じ日)に反対売買しなかった未決済のポジションを翌日の取引日に繰り延ばすことを指します。

◎スワップポイントとは
2つの通貨間の金利差調整分のことです。ロールオーバー時に発生します。

◎両建てとは
同じ通貨ペアでロングとショート両方を保有することです。一般的に為替変動のリスク回避と言われていますが、手数料と証拠金が二重の負担になることや買いと売りのスワップポイントの差を負担しなければならないなどのデメリットがあります。また、両建て時に必要な証拠金が相殺されるかどうかは業者によって異なりますが、ロングとショート両方の証拠金が必要となるケースが多いようです。

覚えておきたい初心者の為替用語①

為替取引を始めたばかりの初心者にとって為替用語は未知の世界に感じると思います。
普段の日常では聞き慣れない言葉が多いですので初めて聞く言葉ばかりだと思いますが、為替取引を行う上で最低限必要な知識としての為替用語を調べて簡単にご紹介したいと思います。

◎為替とは
直接現金の取引を行うことなく資金の授受を行うことです。一般的に外国為替を指すことが多いです。外国為替はお金を他の通貨に両替えすることです。

◎FXとは
Foreign Exchangeを縮めたForexの略で、1998年から導入された外国為替証拠金取引のことです。証拠金を担保に通貨間の価格変動による差益や金利差を狙う金融商品です。

◎証拠金とは
FX取引を行うために必要な保証金のことです。計算方法は取引業者によって異なります。

◎レバレッジとは
証拠金倍率です。てこ作用を意味し、小さな資金で大きな金額の取引をするときの倍率です。

◎Bid(ビッド)とは
(トレーダーから見た)売値、売りの値段です。値をつけるという意味です。こちらが売る時に見る値段です。自分の売値、相手(業者)の買値です。

◎Ask(アスク)とは
(トレーダーから見た)買値、買いの値段です。相手の言い値という意味です。こちらが買う時に見る値段です。自分の買値、相手(業者)の売値です。

◎スプレッドとは
Bid(売値)とAsk(買値)の価格差のことです。

◎ポジションとは
現在保有している未決済の通貨のことです。建玉ともいいます。

【レバレッジ】について

さぁ、今回も初心者向けに為替取引の用語をご説明したいと思います。
為替取引の用語はどれも重要なものばかりですので、初心者でも頑張って付いて来てくださいね。

今回とりあげるのは【レバレッジ】について。
こちらも為替取引の用語としては基本中の基本です。

「レバレッジ」という語は、「てこ」という意味の「lever」から派生して生まれました。
「てこ」とは、小さな力でも大きな物体を持ちあげることのできる原理ですね。
それを思い浮かべると初心者でも考えやすくなるかと思います。
FX業者に預け入れた資金量が少なくても、高額の取引ができるというのが、レバレッジです。

レバレッジは、「レバレッジ効果」とか「レバレッジ率」という使い方もされます。
多くの場合は、預け入れ金額に対して取引できる金額を「○倍」と表現し、その数字は20のところもあれば400ものところも。
預け入れ金額が100万円で取引金額が1000万円だとすると、10倍のレバレッジとなるわけですね。
とはいえ、リスク管理のためもあってか、資金に対して通貨量を制限するなど、あらかじめレバレッジを固定している為替業者も少なくありません。

このようにレバレッジ率が高いと相当の金額が動くように感じられるでしょう。
為替取引を始めたばかりの初心者であればなおさらかと思います。
ですが、一日における為替相場の変動は株などに比べて小さいものなのです。
そのため、レバレッジ調整とリスク管理と取引を同時に行っていくという方法が人気があり、また初心者意外の間でも主流となっているのですね。

【スワップ】について

初心者が為替取引(FX)を行おうとすると、本当にいろいろなことから勉強を始めなくてはいけませんね。
為替の業者や取引方法やそれから用語など・・・
特に用語にはいろいろなものが多くて、しかもそれら用語の説明というよりも、そういう名の方法として説明されていることが多くて、戸惑っている初心者も多いのではないでしょうか?

今回は少し趣向を変えて、為替取引(FX)に関する用語について説明してみたいと思います。
もちろん、初心者を対象として基本的なものから。

まず一つ目は【スワップ】についてです。
スワップとは、簡単に言えば金利差のことです。
金利ではなく、金利差。
これは為替取引(FX)であるがための強調でもあります。
為替取引は通貨の取引ですが、金利差が利益となるものですからね。
銀行金利(利息)を受け取れるのがFXの特徴でもあるのですよ。

また、スワップは取引方法としても使われる単語です。
何故なら、FXにおけるスワップは毎日でも受け取ることができるため。
こちらは外貨預金とは大きく異なる点になります。
金利を毎日受け取っていれば塵も積もれば山となる。
数ある為替取引の方法の中でも、スワップは初心者にも人気の高い方法となっています。

ただし、スワップは良いことばかりではありません。
上記のように塵が積もって山となればいいのですが、プラスばかりでなく、マイナススワップというものがあります。
これはショート取引を行った際に発生するのですが・・・
・・・ショート取引についてはまたいずれ。

経済